髪を生やす方法

髪を生やす方法と3つの手順とは?

髪を生やす方法として知られている方法で、ただ髪に栄養を送ればいいと思っている人が多すぎます。

 

髪の毛は植物とは違い、ただ栄養を与えていれば生えてくるようなものではありません。本当に髪を生やしたいと思っているのであれば、以下の2つのことをする必要があります。

 

@抜け毛・細毛になる原因を抑えること。(原因の90%がAGA)
A毛乳頭に栄養をおくるために、血流を良くすること。

 

どちらの方法が欠けていても薄毛の解消することはできません。なぜなら抜毛・細毛の原因を防げなければ、いくら髪が発毛したとしても細い毛か、すぐに抜けてしまう毛にしか成長しないからです。逆に抜け毛・細毛対策だけであれば、現状維持はできても髪を生やすことはできません。

 

それでは髪を生やす方法を説明していきます。

 

髪を生やす方法|手順@

まず頭皮の状態をチェックしてみましょう。

 

頭皮環境が悪化していると、その悪化している箇所に栄養とエネルギーが使われてしまうため、丈夫な髪が生えてきません。
また育毛剤を使う場合、頭皮が荒れている状態で使っては逆効果になる可能性があります。

 

頭皮環境に問題ないか以下の点に気をつけて
チェックしてみましょう。

 

@頭皮が赤い
頭皮が赤いことは、皮膚内に雑菌が侵入して炎症を起こして可能性があります。また何かの化学物質にアレルギー反応を起こしていることも考えられるでしょう。

 

A頭皮がべたつく
「頭皮がべたつく」とは、皮脂が過剰に分泌されている状態を指します。これは頭皮がカサカサに乾燥している場合に、体が水分の蒸発を防ぐためにあえて分泌しているのです。一般的にシャンプーが肌に合っていないか、1日に何度も洗髪することで起こる現象です。またはシャンプーやリンスのすすぎが上手くできていない人も頭皮がべたつく事が多いです。

 

Bフケ・痒み
フケは肌の状態が悪いときに発生します。早く肌を元の状態に戻すために、肌サイクルを速めた結果、うまく肌に定着できなかったものがフケです。かゆみは炎症を起こしている場合やアレルギー反応を起こしているときに出る症状です。

 

この3つの項目に1つでも当てはまるのであれば、まず1カ月は頭皮ケアに専念しましょう。おそらくすでに上に書いた症状が出ている人はもともと肌がそんなに強くないと思われます。その場合、市販で売られているシャンプーやリンスはあなたには強すぎるのでしょう。

 

どんなシャンプーがおススメ?

 

わたしのおススメはアミノ酸系シャンプーで洗うことです。洗浄成分が肌の構成成分と同じアミノ酸で作られているため、肌と反発することもありません。また肌と同じ弱酸性ですので、肌を無駄に刺激する心配もありません。

 

いまのアミノ酸系シャンプーにはほとんど頭皮環境を正常に戻してくれる成分が多く配合されています。配合されている成分はさまざまですが、育毛に特化しているシャンプーを選ぶことがいいでしょう。ただしアミノ酸系シャンプーははっきり言って値段が高い・・・。それであれは石鹸系シャンプーを使って様子を見るのもありです。その代わり上がるときに冷水で頭皮を冷やしてください。そうすることで肌が引き締まり、乾燥を防ぐことができます。

 

早く髪を生やしたい気持ちは分かりますが、ここで焦ってしまってはこれから紹介する手順の効果も下がってしまうので、しっかり1カ月は頭皮ケアが大切!

 

それでは次は抜け毛・細毛を止める手順Aを紹介します。

 

髪を生やす方法|手順A

髪を生やすために知っておかなければならないことは「なぜ髪が抜けるのか」ということ。

 

抜け毛のサイクルを止めることが手順のAになります。

 

毛穴に皮脂が詰まることやストレスが直接的な薄毛の原因だと思っている人は間違った育毛法をしているかもしれません。薄毛というのは老化現象だと思われていましたが、実は「病気」なんです。

 

それではまず抜け毛・細毛になる原因について説明していきます。

男性の薄毛がなぜ起こるの??

 

男性の薄毛の90%以上がAGA(男性型脱毛症)と言われています。
AGAとは男性ホルモンと体内に存在する酵素が結びつくことによって脱毛を引き起こすホルモンに変わってしまう病気のことです。

 

頭頂部おでこ両サイドの生え際の薄毛になる人が多いですよね。

 

理由はこの男性ホルモンと結びつく酵素が頭頂部とおでこ両サイドの生え際に多いからです。つまりこの2カ所が極端に薄くなっている人はAGAになっている可能性が高い!・・・ということです。

 

関連記事⇒「薄毛はまずAGAを疑え!

 

AGAの治療法はどんなものがあるの?

 

いまではAGAによる薄毛は皮膚科でも治療できるようになりました。
そこではほとんどの場合処方される薬はフィナステリド成分とミノキシジル成分です。

 

この2つの成分はもともと違う病気の治療薬でしたが、患者から発毛が見られたため育毛剤としての研究も進められてきました。フィナステリド成分にはAGAの原因にもなる酵素の働きを抑える作用があり、ミノキシジル成分は血行促進を促して髪の成長を早めてくれます。

 

しかしこの2つの成分を使う上で問題なのは、副作用があること。

 

フィナステリド・ミノキシジル成分の弱点とは?

 

フィナステリド成分には性欲減退や勃起不全、それからうつ症状も報告されています。
ミノキシジル成分は髪以外の毛まだ伸びてしまう多毛症です。
髪が生えたのはいいものの、元気がなくなる上に体中がモジャモジャになるのは嫌ですよね。

 

この2つの成分を使うことでもう1つ問題があります。

 

それは値段です。

 

基本的にAGA治療には保険がまったく適用されないため、治療費、薬代ともに高くなる傾向になります。この2つを薬をゲットして診察代まで払えば、1カ月15,000円はかかるでしょう。

 

そんな高い治療費や副作用のリスクを負わなくてもAGAによる抜け毛を防止する方法はあります。
いまは天然成分でもAGAを抑えるものが発見されているんです。

副作用のないAGAを抑える成分とは?

 

それは「オウゴンエキス」と言って、黄金花(コガネバナ)の根から抽出されたエキスで、AGAの原因となる酵素の働きを阻害してくれる役割があります。育毛会社でも77%の阻害に成功しています。

 

AGAによる抜け毛・細毛を防ぐために、まずオウゴンエキスが含まれている育毛剤を選んでください。

 

オウゴンエキスがしっかり配合されている育毛剤に育毛剤BUBKAがあります。1度は試してほしい育毛剤ですね。

 

安全である上に効果も高く、さらに値段もフィナステリド成分と比べても安いので継続して薄毛対策が可能です。

 

それでは最後に髪を生やしていく手順を紹介します。

 

髪を生やす方法|手順B

髪を生やすのにもっとも重要なことは、頭皮への血行促進です。

 

確かに髪の成長に必要な栄養を摂ることも重要です。
しかし毛乳頭まで栄養を運ぶのは血液なので、血液の流れが悪いと結局栄養は髪まで届くことはありませんよね。

 

髪を増やすために頭皮マッサージが良いと言われているのは、揉むことによって血流が良くなるから。髪を生やす上で血行促進はとても重要なポイントなのです。

 

すでに手順Aでも書いたとおり、発毛させるためにAGA治療ではミノキシジル成分を使用することが多い。しかしミノキシジル成分の副作用として、すでに書いた体の毛が濃くなる多毛症と心臓が苦しくなる動悸があります。

 

なかなかこの副作用と一緒に薄毛治療をするのは難しいですよね。
いまはミノキシジル成分に代わる新しい育毛成分が注目されています。

 

ミノキシジル並みに効果が高いM−034成分とは?

 

それはM−034成分と呼ばれるもので、海藻類(ワカメ、モズク、めかぶ等)が持つネバリ成分から抽出されたもので、血行促進高い保湿効果があります。当然、天然成分から抽出したものなので副作用はありませんし、なによりミノキシジル成分と同等の効果が認められています。

 

安全でかつ、高い効果が認められているMー034成分。
この成分が含まれる育毛剤を使うことが髪を生やす方法として一番の近道になるでしょう。

 

まとめ・・・

手順@⇒頭皮環境が荒れている人はまず1カ月シャンプー替えるなどして頭皮ケアに専念すること。これによって手順ABで使う育毛剤の吸収率がまったく違ってきます。

 

手順A⇒AGAによる抜け毛・細毛を止めるために、副作用のないオウゴンエキス配合の育毛剤を使うこと。

 

手順B発毛髪の成長を助けるために、新発毛成分M−034を使うこと。

 

いまはオウゴンエキスとM−034成分両方が配合されている育毛剤もあるので、コストを安く、さらに抜け毛予防と髪の成長を同時にしたい方はこの育毛剤を使うことをおススメします。

 

以上、髪を生やす方法をなるべく簡単に紹介してきました。早く髪を生やしたいと焦っても2、3日で髪は生えてきません。少なくとも3カ月はかかると思ってください。育毛で決められて育毛法を「継続」することが大切なのです。

 

あきらめなければ必ず髪は生えてきますよ!

 

◎買うだけで毎月無料で育毛サプリメントもらえます↓↓

BUBKA